1. ホーム
  2. ≫ギックリ腰 急性腰痛

ギックリ腰 急性腰痛

突然起こるぎっくり腰 普段の些細な動きをきっかけに

発症します   急性腰痛とも言われますが からだいちばんに来院される

腰痛で最も多い症例の一つです。

 

今ご覧になっているあなた、もしくはすぐ隣で動けなくなっているご家族の

方のために検索しているあなたへ・・・・

 

ぎっくり腰になる方の特徴は?

ほぼ全員にいえることですが、疲れています その疲労度はMAXですよ

1、2週間前から腰や足に何らかの違和感を感じていたはずです

ピリッと電気は走るような感覚や重だるい感覚 10年前なら一晩寝たら翌朝

何事もなかったように元気だったけど、

 

今はあきらかに回復が遅くなってる!!

 

つまり身体から休んでくださいってSOSがでてるんです

これを無視し続けてたらガツンと一撃を食らうわけです

西洋では 「魔女の一撃」 って呼ばれてます

どんな施術をするのか?

ぎっくり腰といっても痛みの度合や痛む場所 その原因は千差万別

一人一人施術パターンは違います

全身の姿見検査と歩き方等で悪い関節の目星をつけます

もちろん痛い施術はしません バキバキ、ボキボキはありえません安心して

imgclass-37

仙腸関節や腰椎(腰部分の骨と関節)動いていないもしくは動きが硬い場合は

ほとんどです丁寧に正確に動かしていきます

座ったまま、横向きに寝たまま できる体位で施術しますの安心です

 

1回で回復するのか??

まさにこれお仕事されてる方は気になるところですが、一度やってみてからの判断です

誰かの肩を借りて来院したけど帰りは一人でスタスタ歩く・・・なんて事もよくありますが、しっかり原因をご自分で確認して、次に発症しない工夫が大切になってきます

経験上、2回から3回の施術が最も多いです

 

今まで何回も繰り返してきたんだけど・・・・

今まで1、2週間ガマンすれば何とかなってきたあなたへ・・・過去5回以上発症して経験がある方  あまり軽く考えない方がいいです

今までの生活習慣や癖、疲労の蓄積具合と年齢と共に無理は効きにくくなてきます、腰椎の椎体なんかは繰り返し圧迫を受けていると変形してくるのは当たり前です

肉体的疲労と精神的疲労は慢性腰痛に移行していきます

腰痛は必ず回復していくものだと信じていますが、人生の長い期間を腰痛を感じながら過ごすのはもったいないですよ

 

気を付けること・・・古い情報は信じない方がいいこと多数です

冷やして安静!

これはやめましょう 5日で回復のはずが2週間も長引く! 実はこれが原因です

できる範囲で動くこと(少しだけ我慢して)早い回復の近道です

 

転倒して尻餅をついた その直後から激痛が!!

これは整形外科に行ってください 圧迫骨折の可能性ありますから必ずです まったく骨に問題負ければ整体は大変有効ですよ  間違っても癒し系の指圧なんかで強く押したり揉んだりしないように注意です(たとえプロの方でもおすすめできません)

大変有効なぎっくり腰 予防体操もあります

用心したい方へしっかりお教えします

ぎっくり腰で来院の方へ大変良い体操ですよ

 

ぎっくり腰回復までのパターンと症例

ヘルニアで痛み骨盤名称HP電話番号図

アーカイブ