1. ホーム
  2. ≫座骨神経痛

座骨神経痛

どんな症状?

座っていたり立っていたりといろんな体勢で痛みや痺れを感じます

特に多いのがお尻の奥から重くだるい痛み (何とも言えない痛み)

太腿も裏から膝にかけてだんだんと広がっていき

最後はあしの指先までしびれる感覚

 

多くの方が似たような症状を訴えています

左右どちらか一歩に症状だ出ていることが多いです

 

体はどんな風になってる?

今までの経験上、脊柱起立筋の左右どちらかが大きく膨隆しており

片寄った筋肉の硬縮がみられます

 

腰仙関節が後方に詰まっており硬く硬縮(反った状態で固まる)

特に梨状筋や中殿筋が硬縮しており押圧してもかなりの痛みがあります

 

脛腓関節(膝の下とくるぶし)が本来の動きになく

膠着しており動かすとかなり痛みがあります

 

「まさかこんな所が痛いなんて、初めての経験です」

ってこんなコメント多くあります

 

原因はなんだ??

ずばり梨状筋が硬く本来の柔軟性を欠いているために起こる

広い意味で座骨神経痛と診断されますが

梨状筋症候群であることは殆どだと思います

なので 病気 ではありませんね

 

どんな施術をするのか

腰仙関節、仙腸関節の本来の動きに戻していきます

患側の股関節から足関節まで硬く硬縮している関節を

一つ一つ触って確かめて動かしていきます

 

殆どの場合、仙結節靭帯が無理な方向に引っ張られているため

均等になるよう緩めていきます

 

最後の仕上げに

ここまでうまく調整できると、今までの痛みが激減しますが

関節が正常な動きを取り戻した後はタイムラグがあり

2,3日後痛みが更に回復していきます

 

当院では解剖学に基づいたテーピングも実施します

トリガーポイント施術や筋膜リリースをまとめて実施している

と考えていただければ早いです

 

なので自宅に戻ってからも施術が続いており

圧倒的な短期での回復が特徴です

 

 

長い間の電気治療や強いマッサージ等

痛み止めの乱用で荒れた胃や腸壁に疑問を感じていたら

当院の施術を参考にされてみてください

アーカイブ