1. ホーム
  2. ≫椎間板ヘルニア  (腰部)

椎間板ヘルニア  (腰部)

ヘルニアってどんな風になるの?

ある日突然おしりの奥がしびれだす 続いて太腿の裏がひきつるような痛みに襲われる

足のスネに痛みを感じてじっと立っているだけでだんだん痛みがひどくなる

ジンジンするとか ヤキヤキするとか何とも言えない痛みが出るようですね

あまりの痛さとシビレ不快な症状に病院へ行かれて・・・MRI検査までやってもらいます

 

「・・・ヘルニアが出てますね、まだ手術するほどではないけどね・・・」

imgclass-80

 

例えば何年も前に診断されて言葉による腰痛の爆弾を背負わされている方がなんと多いことでしょう・・・                                実際にヘルニアって椎間板が一部分に継続的な圧迫を受けて中身である髄核が飛び出している状態なんですね。

レントゲンには映りませんMRIで確認できます  長い間この飛び出した髄核が神経を圧迫することで痛みや痺れが出ているといわれてきたようですが、最近の報告では直接の原因でがないようです・・・・・・なぜなら・・・・・・

ヘルニアが確認できる人でも全く何ら症状な無く元気に過ごしている・・多数存在してる

痛みや痺れに悶絶している方が・・・ヘルニアは確認されず、綺麗な画像であった

 

こんなことが日本中にあるようです、まあ中にはレッドフラッグが立つほど緊急なヘルニアもあるのも事実ですが非常に稀であり、思い込み又は周辺筋肉の硬縮による痛みのほうが多いと思います。

どんな施術をするの?

まずいろんな角度から姿勢を確認していきます   身体の中は見えませんが触ると異常にに硬縮してたりつぱってたりしてますからわかりますよ

骨盤を中心に関節を緩めて本来の動きやすい位置へ戻していきます

もちろん強く動かすと関節を壊してしまいますから、あくまでも優しく関節の動きや筋肉の動きに注意しながら自然治癒力を利用するんですね

硬くなってしまったのは何故なのか、生活習慣から逆算して私なりの原因になっている行動、癖、過去の治療、診断後の思い込みまで分析していきます

再発せない為にできること(体操等の指導)を行います  私が施術する時間より患者さんが普段過ごされる時間の方が圧倒的に長いのでこの作業はとっても重要なんです。

原因は何だろう?

痛い所を押したり揉んだりマッサージしたり・・このHPをご覧になってるあなたは今まであまり効果を感じない、または余計に酷くなってきたので別の整体院や治療院を探しているのではないでしょうか?

 

からだいちばんでは骨盤から股関節の関係性をまずはしっかりみていきます

次いで膝関節、足関節場合によっては足指の関節まで徹底していきます

なぜならほんの些細なことが長期間続くことが原因でからだ全体の軸のズレを招き大きな筋肉のアンバランスを生む・・・これを放置してきた・・・

だったら逆の手順で過去の元気なころの体にきちんと戻していく

わかりやすく言えばこういった施術なんです

10036615

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HP電話番号図

アーカイブ