1. ホーム
  2. ≫変形性膝関節症 (水が溜まる)

変形性膝関節症 (水が溜まる)

症状は

階段の上り下り しゃがむ時 正座しようとしたとき等

違和感を感じつつしばらく放置していると、やがて痛みが強くなり・・・

ある朝、膝回りがパンパンに腫れている

そうです! 水が溜まってるんです

 

原因は?

膝関節の内部のどこかで炎症が起きています

この炎症を鎮めるため膝関節水腫(水が溜まる)になります

軟骨の摩耗による接触、軟骨の破片が関節包内に浮遊する等、または骨棘が

出来ているなど考えられます

 

ではなぜ炎症が起きるのか?

経験上、そもそもの原因は骨盤や足首(足関節)にあることが多いです

長い間足首に違和感や痛みをかかえたまま過ごしたせいで

足の軸がわずかにずれているんです

体重をうまく分散できるはずが、局所的に負担をかけている

歩く、動くことで繰り返し刺激している

 

水を抜けば済む問題ではないです

そもそもの部分をきちんと調整しないと

体からの正常な反応、防御反応に蓋をするような真似は

後で大きなしっぺ返しがきて当然だと考えます

 

どんな施術をするのか

骨盤を中心に体のバランスを調整

特に股関節から足関節、足の指すべてを微調整します

硬く硬縮している膝関節の狭い部分をピンポイントで調整

膝蓋骨(お皿)も本来の動きとは程遠いことが殆どです

大きな強い筋肉の腱の部分がいりくんでいる膝回りです

しっかり腱膜も緩めていきます

 

頭から背骨まで一連の流れ施術は不可欠です

膝だけ触って回復なんてありえません

水を抜いて痛み止めと湿布のみを数年繰り返していたなら

人工関節置換手術なんかを提案される前に

相談ください  手術は最後の手段ですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきらめないでください

膝を痛める前・・・腰や足首  痛くありませんでしたか?

 

アーカイブ