1. ホーム
  2. ≫オスグット (成長痛)

オスグット (成長痛)

症状は

走ったり、ジャンプしたり、しゃがんだりすると

左右どちらかの膝関節のすぐ下部分に痛みがあります

動かない分には何もないことが殆どですが、小学校高学年から

中学にかけて身長が伸びる時期と発症する為、成長痛ともよばれています

 

サッカー、野球、陸上、バスケット・・・etc

運動選手特有の症状ですが、発症する子とそうでない子がいるのはなぜか?

これは体の使い方や普段の姿勢が大きく影響しています

たかが姿勢であのオスグットになるの?

練習したいのにできない!・・・そんなもどかしさを早く!

解消してあげたいですよね

親なら皆さん誰しも思うはずです

だったらオスグットテープやオスグットバンドを装着しているなら

早くはずすべきです、成長しているお子さんの足を膝を縛ってしまうことは

回復を遅らせるどころか、アスリートとしての素質を天才の芽を

潰してしまう行為です!

 

どんな施術か?

片寄った体の使い方、後傾した骨盤、股関節から足関節まで

きっちり調整した後オスグット専門のテーピングも施します

その場で痛みは激減していますが、完全に回復している訳ではありません

2週間から1ヵ月 個人差はありますが回復の目安です

 

 

原因は?

膝下にある脛骨粗面の剥離骨折が回復を剥離を繰り返している状態です

剥離を起こすのは大腿直筋が硬く常に脛骨粗面を引っ張っているからです

大腿直筋が硬いのは骨盤が後傾している、顔が前に出て背骨が丸く猫背のように

見えることが殆どです

 

成長が終わるまで痛みが続くことはありませんよ

そんな風にもし言われていたら無視して結構です

子供さんは練習できずに焦っています、ライバルは沢山いますから

親御さんも焦ってしまわずに短期間集中でいきませんか?

アーカイブ