腰椎すべり症で手術後の痛み

腰椎のボルト固定手術

2年前より左右の脚全体にシビレと痛みが頻発

福岡市内まで評判に良い整体院、整骨院へ通い何とか

やり過ごしていましたが、仕事中遂に限界を感じ

整形外科にて手術を選択されました Sさん60代男性

 

退院して半年程調子は良かったが・・・

はやり時間の経過とともに腰椎、仙骨、股関節に

不具合が出始め腰が伸ばせない状態になりました

大腿部から激しい張り、背中全体は異常な緊張が見られます

腰椎にはボルト固定がされています

無理のない範囲で全身の関節を緩めます

硬膜調整して脳脊髄液の生産と循環を促すと

背中の異常緊張は嘘のように弛緩してSさん驚きを

隠せない様子でした

 

6回の施術でほぼシビレと筋肉の緊張は消失

今回の施術で手術後に発生している痛みやシビレに

悩んでいる方に大きな希望を届ける事ができました

骨を金属で固定していると可動制限がでるのは当たり前ですが

無理のない範囲で元の状態に近づけるのは可能です

 

痛みを薬で抑え込むだけにしないで整体という選択肢もあり

そう思います。

Sさんの回復を心から喜ぶシロクマでした^^

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする