1. ホーム
  2. こんな症状の方が来院されています
  3. ≫側彎症

側彎症

60代女性 側彎症

先天性側彎症の為、幼少の頃から左右の肩甲骨の大きさが違います
勿論それに沿って背骨が左右に湾曲しています 30歳を過ぎるころまでは歪みを感じつつも痛みが無かった為 日常生活に支障は無かったようですが、
40歳を境に肩、腰、特に脇腹周辺に度々激痛を伴う症状は現れはじめ、数々の治療院を渡り歩いたそうです。

左右のアンバランスを無意識にかばい続ける為、筋肉はそれに対応します。
前後には曲っていなかった腰も大きく前屈、 友人に「最近ちょっと腰が曲がり過ぎてない?」っと忠告を受け
真剣に治療を始める決意をしてようです。

当院へ来られたのは4か月前 現在は月1回の全身調整(メンテナンス)でOKな程、凄い回復をしておられます^^
Aさん良かったですね!!  今後も全力でサポートさせて頂きます^^

側彎症による痛みで、自分の好きな事を半ばあきらめてしまった方、外出の億劫になった方、日常生活に支障が出始めた方
勇気の☎ お待ちしています!  まずは相談!  シロクマ院長

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

アーカイブ