1. ホーム
  2. こんな症状の方が来院されています
  3. ≫座骨神経痛の診断で重だるい痛みがピークを迎える

座骨神経痛の診断で重だるい痛みがピークを迎える

初期症状は?

2か月前から右足太もも裏からお尻にかけて重だるい痛み

最初は激痛ではない為そのうち自然と良くなるだろうっと

仕事を継続 (長距離トラックの運転手さん)

現在の症状は?

運転は辛うじてできるが時々休憩しないと

強く叩きたくなるような痛み (何とも言えないダルさの極致)

朝起き上がりにお尻奥に塊があるような感じ

ダルく重く痛みは最高潮に

 

トラックの荷卸し積み込みができなくなって病院で診察

痛み止めを処方されが、何も変化ない

 

原因は何か?

触診すると右梨状筋がとても硬く硬縮しています

少し押圧してみると「あ”あ”~」っという痛み

座骨神経痛と言われたようですが 神経が痛むなんてことはないんですよ

神経を覆っている膜がピリピリと疼痛を感じることはあっても

神経自体は何も問題ありません

 

つまり梨状筋は硬いってことです

 

どう施術するのか

骨盤から腰仙関節、仙腸関節を緩めます

必ず硬く全体の弾力を失っていますかまずはここから

そして右くるぶし・・ほぼ例外なく固まってますよ

 

次に仙結節靭帯にアプローチ

場合によっては大腰筋も硬く縮まってる状態もあります

仕上げに

皮膚の状態に合わせてテーピングも実施

梨状筋、大腰筋、中殿筋、大殿筋、大腿筋膜張筋に貼っていきます

1週間程貼ったままでOKです

トリガーポイント施術と筋膜リリースを同時に行うことができる!

なおかつ自宅でもその施術効果が継続している凄いテーピングです

回復が早くて当然なんです

 

結果は

運転手のAさん50代男性

2回の施術で我慢の2か月を取り戻しました

 

生理学的に疲労を取り

解剖学的に関節や靭帯をピンポイントで緩め

解剖学的に安全なテーピングで回復を圧倒的に早く

 

今までの治療や施術に疑問を感じ過ごしていたなら

試してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

アーカイブ