1. ホーム
  2. こんな症状の方が来院されています
  3. 腰椎ヘルニア
  4. ≫昔、ヘルニアと診断されました

昔、ヘルニアと診断されました

昔、ヘルニアと診断されました・・・

 

それから10年以上経過していますが
今だに腰に違和感や痛みのようなものが
あるようなないような・・・

 

ここ2週間前からお尻の奥から太股、スネにかけて
何ともダルい痛み、重いような不快感
夜寝ていてもたまらない感じで起きてしまう

こんな症状でお悩みの方はいませんか?

ヘルニアだと診断後、思いこみが強くて
痛みや不快感が頻繁にある
このような方は本当に多くいます

脊柱間狭搾症と診断されている方も
似たような症状を訴えていますが
脊柱や髄核が変形、もしくは圧迫で
神経が押しつぶされているのなら
完全に麻痺がでるはずなので

歩ける、動ける  ダルくなっても
少し休憩すればまた歩けるようなら
先の診断は全く違うのです

 

関節が堅く硬縮している
筋膜が硬縮している
下肢の静脈が圧迫されて血流障害がでている

だから重くダルく しびれるような
感覚に襲われ、不安に苛まれながら
苦しい日々を過ごしている

おそらくはこんなところではないでしょうか?

本当に危険な腰痛は0・1%にすぎません
内蔵からの信号、骨腫瘍、でなければ
整体施術がもっとも効果的だとおもいます

 

非常に多い症状ですので
思い当たる方は、痛み止めでなく
湿布をたくさん貼るのではなく
筋膜を優しく刺激して、長年の不快感を
払拭してみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰椎ヘルニア コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

アーカイブ