高校球児の野球肩

高校球児の野球肩

全身、満身創痍の高校球児A君
中学生のころから肘、膝に痛みが
ありましたが、近所の整骨院で治療を
重ねて2年半・・・

 

痛みは全身に及び、整形外科で診察

オスグット、シンスプリント
野球肘、腰椎分離症・・・

 

・・・・んんん~ これは大変ですね

A君よく我慢して頑張ってますよ・・本当

強豪校なので簡単には練習も休めず
レギュラー争いも過酷なのはわかるのですが
有効な治療だったのかどうか疑問は残ります。

 

今回、ご紹介での来院です

診断されてる箇所は多い為、現在もっとも
痛みのある部分を精密な検査です

肘と肩の痛みでボールを全力で投げれない!
これはつらいですね

肘や肩の筋肉の張りはもちろんなのですが
手首を構成している手根骨群は
ほぼ可動域を失っている状態で、肩まで
影響を与えている状態でした。

 

今回手首のみしっかり施術です

すると不思議です
肘と肩の痛みが大幅に激減、スローイングしても
スムーズです  約2年ぶりの感覚に
かなり驚いていました(^_^)

 

次回は体幹コア部分から肘と膝へアプローチです
練習しながらの施術となりますが
魔法のテーピングも駆使しながら
A君の全力プレーをサポートしますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする